忍者ブログ

ル・テアトルまりも

絵をかく人 のブログ

[PR]

2018/08/17(Fri)01:19

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

古典技法⑤

2008/06/03(Tue)22:15

縁蓋した本紙を、扇形に切り取り、背景に正麩糊で張り付けます。
そうしたらその画面の上にチラチラと好きなように箔を押します。
今回使ったのは純金箔、本銀箔、黒銀箔の三種類。箔は何ミクロンという単位の非常に薄いものなのでひとつ大きく息をつこうものなら、軽く彼方へ飛んで行きます。なので作業は慎重に…。


銀箔は硫化させると独特な色合いを帯びて変化するので焼いて見ました。ただし、放って置いても酸化して将来的には真っ黒になってしまう銀なため、硫化すると劣化も早まるのが難点。

そして焼いてる最中に硫化水素も発生するため、結構危険な作業だったりします。



PR

No.120|未選択Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :